獣医学部受験対策専門家庭教師センター
獣医学部受験専門の家庭教師のおすすめの提案をさせて下さい!

獣医学部受験生の悩み解消法とは?
獣医学部合格者から学ぶ合格のためのヒントとは?
獣医学部受験成功者が語る受験勉強以外に必要なことは?

合格体験 指導実例

(合格者からの報告をプライバシーを配慮して、個人を特定できる、合格者の大学名、出身高校の具体的な名称等は伏せてまとめました)

実例1

合格するためには学習する努力を継続していくことが一番大切。
彼女は、合格してみて一番大切だと思うことは、合格するためには学習する努力を継続していくことだと語ってくれました。家庭教師は、気分がのらずにさぼり気味な時などは喝を入れてくれ、また、いろいろと相談にものってくれて、学習することが継続できたとのこと。その指導では、疑問に対する質問もしやすいし、わかっていないことすら気が付いていないところなども指摘してもらい、毎回確認テストをしてもらいながら、結果に対する教師からの改善の指示で、自然と復習をする習慣がつき、その積み重ねが力になったのだとのことで、つらい時期もあったが、友人と教師の励ましで最後まで乗り切り、うれしい合格を勝ち取ったと報告してくれました。

実例2

「人生あきらめるな!」と語ってくれた受験生。
 獣医学部を受験しようと本当に思ったのは高校2年の3月とのこと。獣医に対してのあこがれはあったのだが、実際の受験勉強を考えたら大変だと思い意識的にそれまで避けてきたのだ。それでもやっぱり獣医になりたいと思いを捨てきれず受験勉強を始めた。まったくの出遅れたスタート。また、それまではまったく受験勉強といわれるものはして来なかったので、あまり考えないで、とりあえず友人が通っていた予備校の春期講習に行き始めましたとのこと。しかし、予備校のほとんどの授業に違和感を感じるのが現状で、1ヶ月で正直不安になっていた。そして、初めて模試を受け、その結果にがく然。また、「やっぱり」とう思いもあった。いままでの勉強の状態を考えれば、当然の結果でもあったのだ。同時に今の予備校の授業では「合格できない!」との思いも強くあり、両親に相談した結果、ウェルズのことを知り、家庭教師の指導を受けることにしたとのこと。教師にはじめてあった時チョット怖い感じがしたとのことであったが、両親の強いすすめもあり(それが正解!)、その教師の指導を受けることに決めた。実際指導を受け始めてから、教師の第一印象とはまったく違うものであった。たしかに気分がのらずにさぼり気味な時などはヒヤッとする喝があったりしたが、その指導は熱いもので、親切な指導をしてくれるとっても優しい人だったとのこと。また、現状の学力にあわせた指導で、短期間でとっても苦手だった数学が少しは楽しいと思えるほどに学力を伸ばすことが出来、また、いろいろと相談にものってくれて、なんとか勉強(それも合格出来る勉強)を続けることも出来、春に獣医学部の合格を知った時は本当に「人生あきらめるな!」とドラマのようなセリフが思わず出てしまったと、うれしい報告をもらった。

実例3

家庭教師で徹底的に基礎固め、そして獣医学部に合格した受験生。
彼は、二浪の末に獣医学部へ合格しました。基礎力を欠いていたと感じた彼は、それまでの弱点を埋めるため家庭教師の指導を選んだとのこと。そして教師には本当の基本からさかのぼっての指導をしてもらい、徹底的に基礎固めをしてもらった。これが合格へつながったと思うと語ってくれた。また、教師から毎回の授業でやったことが曖昧にならないようにと何度も注意を受け、毎日必ず予習復習をし、解けないところ、未消化なところは繰り返し解く習慣を身につけたとのこと。最後に、大学に合格してみて、努力すればした分だけ自分に返ってくるのだということを実感したとのことであった。

実例4

予備校では遅刻が多かった受験生。
彼は、前の年にいった予備校ではよく遅刻をしたそうだ。たまには授業もさぼったこともあり、その原因が朝寝坊だったとのこと。予備校時代は家で勉強する内容は曖昧で、その時に応じて勉強する内容を決めていたそうだが、どうしてもずるずると夜中まで起きていてしまい、あんまり勉強をしたとは言えない状態だったとのこと。そして予備校に行こうと積極的にはだんだん思えなくなっていったとのことで、前の年の反省から家庭教師で受験にすると方針転換を決め教師の指導を受けるようになった。教師の指導を受けるようになっても、正直最初は朝起きるのがとてもつらかったようだ。しかし、教師と年間のスケジュール、1日の生活スケジュールを話し合って決め、時には教師から怒られたり励まされたりしながら、いろいろなことがあったようだが、だんだんスケジュール通りに進めることができるようになった。そして勉強をするためには生活のリズムが必要であることと、それが非常に大切であることがよくわかったとのこと。最初はリズムを維持するのがものすごく難しく、だんだん慣れるにつれて、受験勉強中心の生活が1年間出来、それが間違いなく合格につながったと思っているとのこと。また、前の年の失敗を繰り返さないようにと常に自分に言い聞かせたことが合格につながったと、今本当に思っていると語ってくれました。

copyright(c)2004受験・入試対策 プロ家庭教師派遣のウェルズ All Rights Reserved ページ上部へ

問合せ 問合せ
申し込み

家庭教師の登録> < 個人情報の取り扱い> < 獣医学部受験家庭教師について> < サイトマップ

問合せ:vet_info@wgb.jp
氏名、連絡先、住所(県名、市区町村名)、具体的問合せ内容をご記入願います。 獣医学部受験担当より連絡させていただきます。